アメリカ人が絶対愛する10の欧州車

アメリカ人が絶対愛する10の欧州車

アメリカでは欧州車はなかなか人気がないと日本からは見られがちですが、やはりお金を持っている […]

2018 Chevy Equinox シボレー・イコノックス 外を小さく、内を大きく、そして軽量化。

2018 Chevy Equinox シボレー・イコノックス 外を小さく、内を大きく、そして軽量化。


1.6Lディーゼルを用意した2018年度版イコノックス。当然日本では発売されていないが、コンパクトSUVとして今、北米でも注目されている車種だ。

しかし、3年前に発表されたデザインには、

Too bulky. Odd styling. Not compelling enough.(大きすぎ、変なスタイリング、魅力的とは言えない http://autoweek.com/article/car-news/2018-chevrolet-equinox-literally-went-back-drawing-board)

と酷評された。

しかしその後、クロスオーバーセグメントが活発化。開発を遅らせることはできないし、でもより良いものへと改良させていきたい。

そして、イコノックスチームは見事スケジュールに間に合わせた。

消費者の意見をもとに、ライバルより大きかった車体を小型化し、軽量化。そのために新しいプラットフォームを作り、海外向けの7人乗りをバージョンを捨てた。それでいて中は2017年バージョンよりも大きくなった。

軽量化もグラム単位で努力がされ、乗り心地が向上した。

「新しいアメリカ人のファミリーステーションワゴンになる」と評価されているこのセグメントで、イコノックスはGMを救う車として期待されている。

2016年には24万台を売上げ、GM米国販売の8パーセントという重要な位置にいるイコノックス。

「大きいのがいいのだ」という北米市場の神話から抜け出したコンパクトSUVがGMを救うのか。

 

ちなみにこちらは大きかった旧モデル。

北米仕様GT-Rトラックエディションがついに登場。公道を走る”ゴジラ”?

北米仕様GT-Rトラックエディションがついに登場。公道を走る”ゴジラ”?

アメリカでプレミアムとニスモの間に位置するGT-Rトラックエディションの2017版が発表さ […]

2017ホンダ・シビックハッチバックが一番似合う色と風景。

2017ホンダ・シビックハッチバックが一番似合う色と風景。

夏に発売を迎えるホンダ・シビック。 海外ではすでに発売されているので、新型シビックの風景は […]

ボルボXC90のVR画像

ボルボXC90のVR画像

ボルボXC90の360度画像(VR対応モバイル用)。

走行動画ではなく、CGを使って室内空間を表現している。

昼や夜のガラスルーフの状況が見えたり、外にオーロラが見えたりする。

 

映像と音声で訴えているのはイオン式空気清浄機機能。
https://www.youtube.com/watch?v=UFiAePjrHwE
 

ワイト島の海岸線でMX-5と暮らす。

ワイト島の海岸線でMX-5と暮らす。

1分10秒あたりから登場するのはMX-5オーナーのニックさん。 ワイト島の海岸沿いを走るラ […]

ヨーロッパの街並みを往く新型CX-5の映像。

ヨーロッパの街並みを往く新型CX-5の映像。

日本の市場で受け入れられ、アメリカの市場で受け入れられ、ヨーロッパの市場で受け入れられれば […]

6代目新型2018フォルクスワーゲンポロの実車画像登場。

6代目新型2018フォルクスワーゲンポロの実車画像登場。

http://www.autocar.co.uk/car-news/new-cars/2017-volkswagen-polo-set-take-new-ford-fiesta

現行モデル(オフィシャルサイトより)

 

新型6代目ポロの姿がスクープされた。

製造地の南アフリカからの写真で、9月にフランクフルトモーターショウで正式発表されるもの。

注目はよりはっきりとしたフェイスライン。

エンブレム下のラインがくっくりとした線となり、エアインテークが複雑なデザインとなった。

ヘッドライトもパサートにより近く水平的になり、リアエンドがだいぶ様子が変わった。

2014年モデルのポロ

違いはライトまわりのメッキ仕立てと、おそらく線を線として強調している部分だ。面と面のラインにクローム的なものを入れている可能性がある。

プラットフォームはA0セグメントと呼ぶ新型が使われ、ホイールベースが旧型よりも伸びる。

 

エッジが強調されることについてはクレイモデルですでに明らかになっていたが、実際の画像を見ると予想以上に高級感が増している。

数多く出た予想CGはほぼ的外れだったとも言える。

新型一番のストロングポイントはバンパー上部のはっきりとしたラインだと思う。

ゴルフもポロも、ここが「美しい丸み」ではなかったことがウィークポイントだった。

 

左ハンドル社会における右ハンドル車(日本とイギリス)の境遇について。

左ハンドル社会における右ハンドル車(日本とイギリス)の境遇について。

  マックのドライブスルーに一台だけ反対向きの車。 これは、左ハンドルの国で右ハ […]