Car News 最新クルマニュース

日本はヴェラール、イギリスでは新レンジ。

レンジローバー・ヴェラールが、お披露目から半年以上の期間を経て日本に上陸した。 この車の素晴らしさはインテリア。 タッチスクリーンは二つで、上のスクリーンは固定式ではなく、エンジンをかけると起き上がるというムーブ式で、こ… もっと読む 日本はヴェラール、イギリスでは新レンジ。

Article クルマのイメージを読む

いかにしてBMWはプレミアム化したのか。

BMWは全車種が「プレミアム」であり、ジャーマン3として確固たる地位を築き、他に手渡す気がさらさらない。 日本でもアメリカでも欧州でも、ドイツ以外では高級輸入車であり、地位のあるビジネスマンの必須アイテムでもある。 果た… もっと読む いかにしてBMWはプレミアム化したのか。

Article クルマのイメージを読む

美しい車体で小石はねる山道を往くBMW5シリーズツーリング。

BMWがツイッターで公開した写真。SUVではなく、5シリーズのいわゆる「ツーリング」で自転車を載せ、山道を走り、枯れた木々と傾いた西日を浴びて走るという画。 5シリーズツーリングはつまりワゴンで、テーマは「ビジネスアスリ… もっと読む 美しい車体で小石はねる山道を往くBMW5シリーズツーリング。

Car News 最新クルマニュース

2018次期コンパクトハッチデザイン言語(アクセラ)とデミオ・ノーブル・クリムゾンが東京モーターショウに登場予定

東京モーターショウにマツダがかなりの量の情報をプレゼントする。 SKYACTIV-X搭載と噂されるコンパクトハッチと、ロードスターの赤幌ヴァージョン、デミオの特別仕様車だ。 コンパクトハッチは次世代デザインの発表でもあり… もっと読む 2018次期コンパクトハッチデザイン言語(アクセラ)とデミオ・ノーブル・クリムゾンが東京モーターショウに登場予定

Car News 最新クルマニュース

ATでありながら、Hパターンのマニュアルシフトが可能なトヨタのコンセプト。

ハイブリッドでありながら、ピュアスポーツであるという宣言をしたクルマGR HVスポーツコンセプト(GR HV SPORTS CONCEPT)をトヨタが発表した。 HVはエコカーであるという当初の発想から、欧州他社に比べて… もっと読む ATでありながら、Hパターンのマニュアルシフトが可能なトヨタのコンセプト。

Article クルマのイメージを読む

カムリ、サンルーフと自動ブレーキをアピールする北米CM

カムリのサンルーフをアピールCMかと思ったら、そうではなかった。 カムリは他の北米CMでもそうであるように、エンジン音を響かせて山道をいく。 スポーツカーようでありながらハイブリッドであるという、欧州勢がやりそうなことを… もっと読む カムリ、サンルーフと自動ブレーキをアピールする北米CM

Article クルマのイメージを読む

ディーラーに導入してほしい、グラツーSPORTのある機能。

従来のグランツーリスモも、車購入時の色選びは楽しかった。 しかし、それはディーラー内での作業だった。 いわば、実際の購入と同じ。室内にあるタイヤの汚れていない車は、誰が観ても素敵だ。 外に置いてある、タイヤの少しへたった… もっと読む ディーラーに導入してほしい、グラツーSPORTのある機能。

Car News 最新クルマニュース

カングーの品位を落とす ラ・タント・イレーズという安易コラボ。

    ピクニックな人々の味方カングーに、ラ・タント・イレーズという豊かな響きがするフランス語が加わった。 意味は…と思ったら、まずその名前は簡易テントのメーカーの名前だった。 ピクニックで多くの人々… もっと読む カングーの品位を落とす ラ・タント・イレーズという安易コラボ。

Article クルマのイメージを読む

「傷つけたくないが、汚してもよし」 Jeep レネゲードの立ち位置

傷ひとつ付けたくない、リセールのこともあるし…と愛車のことを考えている人と、ビーチでも砂漠でも山でも、汚したっていいと考えている人では全然考え方が違う。   車を大事にしたい場合の車に対する考え方 ・洗車をまめ… もっと読む 「傷つけたくないが、汚してもよし」 Jeep レネゲードの立ち位置