Official Movie

VWポロは5代目がいいと思う理由。

火星でバレエを踊る宇宙飛行士。

それは少女の夢。

Can I be an astronaut and a ballerina? 私は宇宙飛行士とバレリーナになれる?

答えるのは運転席の父親。

Sure. If you really want to. もちろん。本当になりたいなら。

誰もいない路を走るポロ。

この新しいフロントライトはなんだろう?

けっこう前にRで紹介していたIQ.LIGHT?

調べてみるとどうも、あのライトはRだけのものじゃなかった模様。マイナーチェンジ後のポロの新たなライトだったのだ。

5月ごろに発表されたマイチェン・ポロがついに欧州でアヴェイラブルとなり、この動画が発表された。

LEDヘッドランプもなかなかいい形だけども、現行型のライト形状も良かったので少し残念。

2017年の発売から4年で変えてしまうとは…。

こちらが現行型。まだまだいけそう。

実は現行ポロは欧州では売れていないらしい。テコ入れだ。

そう聞くと、たしかに納得だ。

いいクルマだけども、大衆車ではなくなってしまった2017年の6代目ポロ。

それまでのポロは小さくコンパクトで内装も質素。価格も安くて大衆車だった。

街には必ず大衆車が必要で、値段が上がっていくと選ばなくなる。

でも、VWはゴルフにしてもポロにしても段階的にレベルを上げていく。

そして、ゴルフ7が現行ポロのような位置になってしまった。

ゴルフにこだわる人は、ポロを選ばない。

ポロを乗っていた人は、UP!(ラインナップから消えてる!)を選ばない。

そうして時代の流れもあって、ポロユーザーはT-RocかT-Crossに流れていった。

というわけで、榮倉奈々のCMで登場した5代目のポロが、みんなの欲しいポロであり、今乗っている人は手放さないほうがいい。

今までのポロユーザーは、「ゴルフより小さいのがいいのだ」と自覚を持って買っているのだから、大型化は許されない。

ちなみに、3代目の全長は3715mm、4代目は3915mm、5代目は3995mm、今の6代目は4060mm。

5代目の全幅は1685mm、6代目1750mm。ゴルフ7代目は全長4255mm、全幅1799mm。

ポロは確実にいいクルマになって、高級化してる。

5代目ポロ。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください