バイク! Motorcycle

CB125Rに続きCBR125R発表です。全カラー比較してみましょう。

海外で人気の小型二輪125ccモデルですが、ホンダはネイキッドモデルのCB125R(国内)に続き、カウルタイプのCBR125R(海外)を発表しました。日本で人気のCBR250RRのような顔つきで、東南アジアでのヒットが期待されています。

まずはデザインをみてみましょう。

いきなりですが、レプソルバージョン。MotoGP EDITION ABSです。
オススメのMATTE BLACK NON ABS
CBR125R DOMINATOR MATTE BLACK NON ABS – ABS
CBR125R HONDA RACING RED
VICTORY BLACK RED

という感じで、人気のマットブラックがしっかり用意されています。

ドミネーターマットブラックは赤の差し色が特長的。でもマットブラックもシンプルでいい感じです。

実物を見るとこのマットブラックの質感が異世界なので、日本ではCBR650R、CBR250Rあたりでチェックしたいところです。ちなみにCBR250RRではマットガンパウダーブラックメタリックという名称なので、マットブラックとまったく同じかどうか確認が必要ですね。

特長は倒立フロントフォークの採用と250と変わらぬフロントフェイス。最高出力は12.6 kW (17.1PS/9000rpm)、最大トルク14.4 Nm (1.47 kgf.m/7000rpm)で、車重127kg(ABS搭載車は139kg)なので軽快に走ることでしょう。全長1983mm×全幅700mm×全高1077mmで、もちろん水冷単気筒です。もちろんじゃありませんね、このバイクを発売するインドネシアのホンダには空冷のCB150ベンザがあります。

ちなみに、CB125Rは全長2040mm×全幅820mm×全高1055mmです。

フロントライトも当然ながらLED。テイルライトもLEDです。そしてフルデジタルのカラーパネルメーターです。CBR250RRはモノクロメーターです。CBR250RRはクイックシフターが付いていますが、125には付きません。

最近の250カウル&スポーツは高級化しているので、リーズナブルな125ccは世界的には絶対に必要なモデルです。

それでも装備になるべく妥協してほしくはないですが、このCBR125Rはいいバランスではないでしょうか。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください