落ち着いたフィアットだって乗りたい。 Fiat Tipo

落ち着いたフィアットだって乗りたい。 Fiat Tipo


日本でのフィアットはチンクやパンダ、500Xといったポップなイメージだが、世界的にはTipoという落ち着いたクルマもある。

プレミアムではないけれど、チープさを払拭したのがTipo。

この落ち着きは、家族での生活に豊かさをプラスするイメージだ。

映像はイギリスオックスフォードを走るTipoの姿。





買い物、ミュージアム、駐車といった各シーンのTipoの姿を見ることができる。

 

内装はお世辞にもパーフェクトとは言えないが、外装はプレミアム感もある水平基調。

曲線や凸凹感も随所にあって飽きがこない。

フード(ボンネット)の縦線はスポーティで、グリルはモダン。

グリルのシグネチャーの曲線も油断なく美しい。

フォグライトのデザインも現代的で大きく、古くささはまったくない。

ライトはグリルから続く水平ラインで厳しい目つき。それが大人の雰囲気を醸し出している。

そんな大人感もありつつ、安い。そのために生産拠点をトルコにしているらしい。

 

Tipoはもともと、1988年ごろから製造が始まったモデルで、今回のモデルは2015年に発表されたエーゲ(トルコでの名称)。

セダンから始まりハッチバック、ステーションワゴンという展開があり、ゴルフを意識しているようだ。

こちらはピクニックに出かけるティーポの映像。

下は雨の日のティーポ。色がしっとりしてより一層落ち着きを増している。

さらに場所はフランスなので、フランスの片田舎に佇むグレイのティーポを見ることができる。

 

日本で販売されていないのが本当に残念。





  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です