Article クルマのイメージを読む

イギリスでのメルセデスA-クラスCMと日本での装備・価格変更

以前に紹介したベンツのGrow upプロモーションから生まれたAクラスのCM。

プロモーション内容を知らずにみると、正直よくわからないCM。

若い女性向けに赤いAクラスを宣伝している。

いつも通り、「大人になれ」と最後は問いかけてくる。

 

たしかにAクラスは20代、30代の車だ。

その世代で乗っていればかっこいい。

だけでも、新車で買うには一部の人。そんなにお金は出せない。

だからといって、ベンツの中古はまだダサすぎる。

 

そして、生活に余裕が出て、40代、ベンツが買える。

でも、Cクラスはおじさん臭い。

どうすればいいのだ。「大人になれ」ってどういう意味だ?

 

ベンツはトヨタと違い、全体でデザインの若返りを行い、慎重にブランディングを行っている。

年配に人には年配の最新デザインで満足を与えている。

 

そしてAクラス。

かっこいい。

いい車。

ちょうど昨日26日からオプションの変更を行い、自動操舵機能などを追加した46万円のエントリーパッケージを追加。でもこれが受注生産というとんでもないもの。

AクラスのなかでもインプレッシブなA180 AMGスタイルは内装を変更し、価格が43万円下がって347万円になった。

高いが、40代はここらへんを狙う。

 

さらに、A250シュポルトはパノラミックスライディングルーフが標準装備になった。また、リアバンパーを全色ブラックに変更。ナビシステムとレーダーセイフティパッケージをオプション設定し、価格は39万円下げて495万円に。

さて、Aクラスの若々しさと同じ感覚を味わえるCLAも内装変更し、399万円に。シューティングブレークは415万円になった。

当然、機能と性能が見合ってないので、新車で買うのは馬鹿げている。

何に金を払っているのか、騙されずにしっかり考えたほうがいい。

つまりは、新古車か中古を狙うのが賢い。

 

ちなみにイギリスのAクラスオートマA180の一番下のSEというトリムで23,735ポンド。円換算で345万円。

40代は結局頑張って出してしまう人もいっぱいいる、価格帯なのであった。