Car News 最新クルマニュース

CX-3ガソリンモデル登場 少ししか見つからなかったガソリンモデルとディーゼルモデルの差

 

以前から発表されていたマツダのコンパクトクロスオーバーCX-3のガソリンモデルが追加され、オフィシャルページにガソリンモデルが登場した。

また、デミオ同様、安全技術i-ACTIVSENSEの標準装備も行われ、オプション設定からi-ACTIVESENSEの選択肢が消えた。

メーカー希望小売価格はディーゼルの240万8400円に対して210万6000円という魅力的なものになっている。

 

今まではメーカーセットオプションでi-ACTIVESENSEが複雑になっていたが、今はホイールの選択とDVDプレーヤーのみ。

しかも選び方によっては希望小売価格よりも安くなる。

見積もりシミュレーションから見ると、ガソリンモデルとディーゼルモデルでグレードの差はつけていないようだ。

デミオやアクセラはグレードに差をつけているので、今後のマツダの方向性として「差をつけない」というメッセージかもしれない。

 

それでも少ない違いを探してみると、

安全装備で中間モデルのプロアクティブが、ガソリンモデルの場合マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)で△(オプション対応)になっている。スマート・ブレーキ・サポートもだ。

スマート・ブレーキ・サポートは、15km/h以上で走行中に先行者を補足し、衝突の危険があると警告し、さらにブレーキを自動制御するもの。

しかし、歩行者や先行者をカメラで検知するアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートはついているので、スマート・ブレーキ・サポートはレーダーでさらに安全性能を高める目的なのかもしれない。

 

 

あとはインテリアの内装で軽微な違いが出そうだが、オフィシャルサイトではわからない。

 

210万にマツダコネクトの5万程度を加えれば、ほぼオプションなしで安全装備も手に入れられる20S。

230万円程度でマツダの安全装備のほぼ上級グレードを手に入れることができる20s プロアクティブ。

ライバル社やデミオと比べて(価格差約40万)も相当魅力的な価格設定となった。

 

 

 




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です