Official Movie

マツダオーストラリアのCX-60アンヴィール動画も観てみよう。

クレイモデルの動画や、ポジション記憶の動画が加わっています。

素材、質感によるラグジュアリーの追究。

とうとう普通に、マツダは「ラグジュアリー」を目標に設定し、隠すことをやめたようです。

かつてボルボがやったように。

これは本気でプレミアムブランド化の始まりかもしれません。

こちらはオフィシャルではないですが、自動開閉ルーフトップを見ることができます。(5分50秒あたり)




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください