Car Talk

クール・ジャーマンの世界観とアウディ、VW。

『007』『ドラゴン・タトゥーの女』『The International (ザ・バンク)』といったヨーロッパを舞台にした映画は、画像をクールに見せるために青めの色合いで、モダンなガラス張りのビルが多く登場する。

暖かみがなく、丸みがなく、スクエアでシャープなデザイン。

実際にヨーロッパのオランダやスウェーデン、ドイツといったゲルマン系の国では、そういったオフィスやカフェが10年ほど前から増えていき、クールな世界観を持っている。

そういったカルチャーの流れはサードウェーブコーヒーとしてカルフォルニアやポートランドといった北米に到着。

日本でもミニマリズムやシングルオリジンチョコレートといった分野で同じ価値観を共有するようになっている。

 

その世界観の中で生きてくるのが、やはりドイツ車とボルボだ。

ボルボはすでにその方向性でプロモーションを仕掛けていて、成功している。

他にその世界観が合致するのは、フォルクスワーゲンとアウディ。

ベンツとBMWはその世界観に存在するものの、それ以外の価値観も持っている。

アウディ。近未来的な風景も。

馬鹿にみたいにかっこいいA5。

ちょっと古いゴルフカブリオだが、素敵な動画。撮影場所はベルリン。

 

カオスではなく、秩序と整頓を愛する国民性がゲルマンだ。

そういう意味では東京も秩序を愛するモダンシティだが、この街にはどのクルマが似合うのか。

レクサスはどの街に佇むと似合うのか。

個人的には、青山あたりに止まって似合う国産車はアウトバック。

 

 

 

 

 

 

 

 




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください