Official Movie

マツダCX-5新CM登場。かなりいい感じだと思います。

NEW MAZDA CX-5 WEB動画「新しい地図を、走れ」篇


かっこいい光と影じゃないですか−。

NEW MAZDA CX-5 TVCM「Driving Plesure」篇


こっちもなんかいいー。

どっちもいい動画だった。

この赤いCX-5はスポーツアピアランスと呼ばれるグレード。

シグネチャーウィングは黒メッキ、他はだいたいグロスブラックで、グリルの差し色はレッド。

ホイールがブラックメタリック19インチというのも売りだ。

差し色のレッドはNAロードスターのクラシックレッドで、ロードスター好きのCX-5オーナーには心くすぐる仕掛け。

最初の動画に出てきたジルコンサンドメタリックの5はフィールドジャーニーと呼ばれるグレード。

アウトドアを意識したもので、価格帯や仕様は違うけれども、レンジローバーの機能性を加えようとしているような? 世界観。

前に紹介したプロクロスはこのグレードにオプションを追加したものになる。

インテリアの差し色にライムグリーンを使っているところは、最近のマツダにはまったくなかったポップな味付け。

「マツダに足りない明るさ」と批判されていた部分でもある。

ちなみに4WD。噂のMi-DRIVEはこのモデルに搭載される。「OFF-ROAD」が追加されるわけだが、深雪道や未舗装路に最適。

ホイールは黒メッキで、オプションで黒マットになる。

スポーツアピアランスに求められるのは、イタリア車のようなスピードを求めるテイスト。

フィールドジャーニーに求められるのは、タフだというレンジローバー的テイスト。

そしてすでに設定されてあるエクスクルーシブモードでアウディやメルセデスのプレミアム感を狙っている。

もともとシンプルで上品だった仕上げに追加されるものなので、やり過ぎ感はまったくない。むしり足りないくらい。フィールドジャーニーやプロクロスは、最初からタフ仕上げのRAV4やスバルの世界観とはまったく違うものになっていて、レンジローバーテイストが好きな人には国産で「やっと登場」となるのなかならないか。

インテリアがあまり変わらないので、そこまでは行かないかもしれないが、外観は頼もしい。

今回のグリル差し色は、マツダが遊び心を持ったということで、ミニマリズム+αでいいのではないでしょうか。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください