バイク! Motorcycle

タンクの立体加工、ロゴに痺れるScrambler Ducati 1100 Tribute Pro ロゴをデザインしたのはあの…。

まずこちらは1971年、最初のドゥカティLツインエンジン。

こちらが、初代をトリビュートした50年後のスクランブラー。ドゥカティ・セレブレート・ザ・ファーストL・ツイン(Ducati 1100 Tribute PRO)。

むちゃくちゃかっこいい…。黄色と黒。

この立体加工がお洒落すぎる。

オフィシャルサイトより

これは本気でかっこいいですよ…。発表時の映像はこちら。

ドゥカティの空冷2気筒エンジンから50年。このGiall Ocraというオレンジ系イエローは、『450 Desmo Mono』『750 Sport』で使われていたもの。そして、ロゴはジウジアーロのデザインだ。

エンジンは1079ccのL型2気筒ガソリン。最大出力86hp/7500rpm、最大トルク9.0kgm/4750rpm。

そもそもスクランブラーのデザインは完成されているけども、これだけ印象が変わる、特にタンクデザインの凄さ。衝撃です。

同時に発表されたアーバン・モタードの映像はこちら。

こちらはスクランブラー800ベース。ベースはスクランブラーながら、ゼッケンプレートと高く設置されたフロントフェンダーがモタードの世界を表現している。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください