クルマの雑談。

フォルクスワーゲンにレガシーはない。

IAAがはじまる前から、VWはPush Forwardという言葉を使って広告展開していたが、IAAでもこの言葉を主力にしているようだ。

ご覧の通り、未来のVWの姿を提案するこの動画に、VWらしさはまったくない。

ワーゲンもゴルフもポロも、質実剛健も何もない。

ディーゼル・ゲートによって旧い体勢から生まれ変わり、すべてを捨ててEVへと走り、コンセプトもすべて変えていくのだと思う。

未来人からすれば、ビートルもワーゲンもゴルフもティグアンもすべて古くさく見えるのだろう。

でも、そうやって生まれ変わり、新しい価値観で新しいファンを生むのが正解なんだと思う。

映像では、フロントガラスに映画を投影してたりして、EVならではのカーライフの提案をしている。

ただ、ほんとにこれで売れるのか? と思わせるコンセプトはいつもつまらない。

この「ID. LIFE」を仮にそのまま出したところで、多くの人が熱狂するとは思えない。

果たして、サステイナブル、ゼロエミッションの動きや未来や匂いは、クルマを好きにさせる要素なのか。

今、過激にサステイナブルを強要する人がいて、その人の前でガソリンを燃やすクルマが好きだとは言えない。

でも好きなのだ。

褒めれば批判される世の中になっている、もしくはなっていくが、「内燃機関が好きだ」という意見は間違いなくある。

それが消えていくのは皆あきらめているが、テイストを捨てたいわけじゃない。

内燃機関を含めたクルマの匂いというのは、熱狂させる一つの要素だ。

サステイナブルをデザインのセンスに取り込まれても、好きになれるのかどうか、疑問しかない。

VWはレガシーを捨てた。

忌まわしいディーゼルエンジンとセンスと匂いを捨てた。

あんなに堂々と売っていたのに。

そして、そのデザインやフィーリングまで忘れてくれという。

勝手だな。と思う。ロゴデザインではなく、社名を変えてしまえばよかったのに…。(VW愛から来る苦言です)




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください