Car News 最新クルマニュース

ポロ改良新型新映像公開。 The new Polo | Who says you can’t? | Volkswagen

ポロがマイナーチェンジして美しくライティングされた姿がオフィシャルVで公開されました。

登場したのはRライン。まず気になるのはフロントのライト。横にあるラインが光っています。さらに、「IQ.LIGHT」と呼ばれるLEDマトリックスヘッドライトがぐりぐり動きます。

これは、フロントカメラで対向車や先行車を捕捉し、搭載された32個のLEDをそれぞれ個別にオンオフするもの。

つまりは、『トゥアレグ』に採用されたものがポロにやってきたのです。

映像に出てくる「IQ.DRIVE」という新ネームは、最新の先進運転支援システム「トラベルアシスト」を選べるもの。

部分的な自動運転を可能にしたもので、「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」に、「レーンアシスト」を組み合わていて、特長としては、マルチファンクションステアリングホイールのボタンに触れてシステムを起動するところでしょう。

全グレードに、デジタルコックピット(8.0インチディスプレイを備えたデジタルインフォテインメントシステム)を標準装備にして、ヒーター機能付きドアミラー、6.5インチモニター付きのコンポジションメディアオーディオシステムも、全車に標準装備。

新型ゴルフ同様、「スタイル」(Rラインではない標準仕様、他にポロ、ライフがある)というモデルも設定されて、クロームルックのクロスバー、LEDフォグランプ、15インチの「ロンダ」アルミホイール、専用のフロントマスクに加え、パークディスタンスコントロールシステム(駐車支援)などかなり充実しています。

Rラインはスタイルの装備に加えて、ハイグロス・ブラックのディフューザー、クロームルックの一体型エグゾーストパネルも。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください