バイク! Motorcycle

ベネリ レオンチーネ250の気になるファッション性は?

イタリアのベネリの日本正規販売が復活しましたが、4つのモデルのうち、気になるレオンチーネ250の紹介です。

名前の由来は「小さなライオン」。これだけ最新のデザインでも、ベネリの伝統、ヘリテイジはしっかり受け継いでいるらしい。

まずベネリらしく、ロゴはしっかりアピール。

イタリアンブランドらしく、グラフィックで満足させないわけがない。

ライトは縦長サークルにLED。

1911年、イタリアのペーザロという町で設立されました。1951年ごろにはレオンチーノという名前は使われていて、125ccの単気筒モデルでした。

レースでも活躍し人気だったベネリは、1970年代から日本勢の攻勢を受けて衰退。

1980年代にモトグッツィ傘下となり、紆余曲折を経て現在は銭江グループの傘下です。

タイヤはオフじゃないけれど、スクランブラーに分類されているようです。

このお尻はたしかにスクランブラーテイスト。

何よりも、タンクから流れるようにシート下へ繋がる風景が素敵なので、ライバルはハスクバーナのスバルトピレン250かもしれません。

DOHCシングルは25.8PS。メーカー小売り価格は54万8900円 (消費税込)。

一方、スバルトピレンは31PSの59万9000円(消費税込)。

どちらもファッション性に優れていて、バイク好きじゃない人にも「かっこいい」と言わせるデザイン。

そういうバイクはバイク好きには好かれない傾向にありますが、イタリアブランドもやはり強いです。

カラーバリエはレッド、ホワイト、カッパー、シルバー。

カッパーはブラウンだが、黒に近い趣きがあって見た目がかなり引き締まっていい感じです。

レオンチーノ250のスペック
全長×全幅×全高2,040×840×1,115(㎜)
シート高810㎜
車両重量164kg
エンジン型式・排気量水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒・249㎤
最高出力18kW(24.5ps)/9,500rpm
燃料タンク容量12.5ℓ
燃費24.3km/ℓ
タイヤサイズF=110/70-17・R=150/60-17
価格54万8,900円(税込)



  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください