Car Talk

プジョー208ブラックエディションの映像公開。北ウェールズを走る黒のプジョー。

 

プジョーUKが208ブラックエディションの映像を公開した。

夜明け前の山道を往く黒の208。

乗っている女性はFIAヨーロッパラリーの女性チャンピオン、ケイティ・ムニングス。

そんな女性が一人、谷間の道を走っているイメージだけでも、まずクール。

もう一人、ホワイトの208に乗る男性は、FSTナショナルラリーのチャンピオン、キャメロン・デイビーズ。

そんな映像で、ブラックエディションの特長が紹介されていく。

まず、ドアミラーはグロスブラック。アロイホイールも18インチグロスブラック。

グリルは「イコライザー・グリル」で、これもグロスブラックフニッシャー。

と、車はブラックでとにかくかっこいいのだが、風景も素晴らしい。

撮影地はノース・ウェールズで、「人が住んでいない広大な地」がイギリスにはやっぱりある。

 

こちらはUKのサイト。

http://www.peugeot.co.uk/showroom/208/black-edition/?utm_source=youtube&utm_medium=link&utm_campaign=208BlackEdition

14595ポンド(202万円)から。日本では208は5ドアだが、GTi系が3ドアとわかれている。

UKももちろん5ドアモデルがあるのだが、なぜかブラックエディションは3ドア。

なので日本では208GTiが近い。

でもこのモデルの場合、ブラックよりグレー系のアイス・シルバーが上品だし、キーカラーになっているのだが、なぜか受注生産で12万円プラス。

輸入車で受注生産というのは値引きもないし、時間もかかるしで残念すぎる。

かといって他の色も何か微妙なのだ。

宣伝されている車の姿を見て「いいな」と思っても、いざ組み合わせを調べてみると「買えない」仕様だとわかるのがどうしても解せない。

VWやFiatのようにシンプルにしていかないと、「いいな」と思わせるだけで終わってしまう。

もしくは、程度のいい中古に向かうだろう。

 

プジョーの黒やグレーで攻めるスタイルは嫌いじゃない。

だから「欲しいクルマ」だと思う。

 

けど、GTiじゃなくて標準仕様5ドアで日本でもやってほしい。

 




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください