Car Talk

GRスープラ 国際版オフィシャル紹介動画

The history of Supra development is the pursuit of “driving pleasure,”

created by the relationship between driver and car.

スープラ開発の歴史は、ドライバーと車の関係性によって生まれる「ドライビング・プレジャー(走る、運転する歓び)」の追究だ。

The history begins in 1978.  歴史は1978年に始まった。

Torque, that builds according to throttle input, and smooth, powerful acceleration.

トルク、スロットルのインプットと、スムースでパワフルな加速によって構築される。

Linear cornering meets steering input, the joy of control.

リニアなコーナリングは、ステアリングのインプットとコントロールする歓びを満たす。

Heightened and sophisticated ability to perform as envisioned, under any situation.

どんな状況下でも、想像通りのパフォーマンスをするための高度で洗練された能力。

Sense the feedback and control the car at will. フィードバックを感知し、車を意のままにあやつる。

It’s as if driver and car become one. それは、ドライバーと車がひとつになったかのよう。

The car that’s pursued driving pleasure now pushes the relationship between driver and car even further.

走る歓びを追究する車は、ドライバーと車の関係をよりもっと後押しする。

The Supra has continued to master “driving pleasure”

スープラは「走る歓び」のマスターであり、車とドライバーの関係をより掘り下げる。

and now looks to deepen the relationship between driver and car even more.

It’s not about numbers. それは数字ではない。

It’s the pleasure of becoming one with the car. それは、車とひとつになる歓び。

That’s what we’re pursuing. それこそが求めているもの。

That’s the most important part of the new Supra development. それがスープラの開発でもっとも重要とされているパートだ。

The G’s..tire grip…wind..and road conditions changing by the second..the feeling of driving with your senses.

重力、グリップ、風、数秒ごとに変化するロード・コンディション、あなたの感覚によって感じるもの…

Vehicle response that awakens the driving spirit. 車のレスポンスは、ドライビング・スピリットを目覚めさせる。

Numbers are one thing. 数字はひとつのもの。

Feeling is what matters. フィーリングこそが大事。

A car where driver and car resonate towards a world defined by “driving pleasure.” 

「走る歓び」によって定義された世界に向かってドライバーと車が共鳴する車。