このクルマについて話そう。

2018 Golf Alltrack ピーコックグリーンメタリック

いつから登場したのかは知らないが、このグリーン色。

ゴルフオールトラックのオフィシャルページで紹介されている、ピーコックグリーンメタリックだ。

現時点で街で見かけることはレア。

たいてい、見かけるのはホワイトとレッドだが、2018モデルとして紹介されていたグリーンの動画がこちら。

MOTORTVは5月23日に公開されたばかりの動画。

調べてみると、日本ではすでに2017年から登場していて、今回は海外モデルでメインの扱いを受けているようだ。

同時期(2017)にゴルフとヴァリアントにも4色の追加がなされ、そのなかにピーコックグリーンメタリックがあった。

しかし、1年経っているが、ゴルフでもヴァリアントでも、グリーンは見かけたことがない。

もし見かけたらぎょっとするはずだから、すぐにわかるはず。

 

VWは色使いが巧みなブランドだと思う。そうやってぎょっとすると思いつつも、実物を見ると欲しくなる色。

ドイツの街並みに溶け込む色。そんな新鮮な色展開をいつもしてくるからだ。

 


人間は本能的に緑が好きらしい。原始のころ、人は緑を目指して移動していたため、潜在的に緑が好き。

本来好きなはずなのだが、売れない。

 

ヴァナゴンだったら似合いそうなのに、いざお金を出して買うとなると、ゴルフやオールトラックでは選べないのかもしれない。

でも、お金を出さないのなら、レアすぎて気になる色であることは間違いない。