Car Talk

スバルの北米向けCM I’m sorry 衝突安全性能をドラマチックにPR

 

飛び散る破片。

衝突した車。

「ママ。言わなきゃいけないことがあるの」

「停まらなかったから…それで…本当にごめんなさい」

 

母の声「あなたは大丈夫? それだけが問題なのよ」

 

そしてテロップ

It’s okay.

This is why parents

choose a Subaru.

大丈夫。これがスバルを選んだ理由だから。

 

ナレーションで、家まで安全に送り届けることが大事で、愛がSUBARUを作るのだ…と。

 

以下、この動画に関しての説明

10代の子どもから、親はこのCMのような電話をよく受け取る。

ティーネイジャーのドライバーによる事故は減ることがない。

そして、親は車のことではなく、子どもが大丈夫だったかどうかを心配する。

だから親たちはスバルを選ぶのだ…。

 

コメントにはこの動画で泣いたという声も。17歳のときに同じようなフォンコールを母親にしたことがあり、その車は父が他界したときに譲り受けた車だったからだ。動画の震える声、母親の心配する声を聴いて涙が出たという。