Car News 最新クルマニュース

海外メディアから新型ポロの特長を読み取ってみた。スマホのワイヤレス充電対応。

 

フルメイクオーバーした2018ポロ。海外メディアから新型ポロの特長を読み取ってみた。

まず、ポロは全体的に大きくなり、高さは現行より低くなる。天然ガスを載せるVW初のモデルである。

8インチのタッチスクリーンとアウディで採用されたヴァーチャルコックピットを搭載。

これはR-LINEの話なので、通常モデルでは高額オプションになる可能性が高い。

エンジンは6オプション。3つのガソリンと2つのディーゼル、そして天然ガス。

天然ガスは1.0リッター89bhpTGI。5速マニュアルと6速オートマ。

他は7速DSGギアボックス。

2017年に発売予定(日本は2018年か)コストは14000ポンドから。

 

フロントライトにはLEDデイタイムランニングライト。

おそらくオプションのアクティブインフォディスプレイ。これはクラス初というほどでもないが、隣のヴァーチャルコックピットはやはり初。

6.5から8.0インチになる。アップコネクトはミラーリンク、アンドロイドオート、アップルカープレイに対応。

つまり、今のゴルフコネクトの機能は備える。

また、スマートフォンを置く画像や映像が出てくるのは、ワイヤレスチャージに対応しているため。

ラゲッジルームは280リッターから351リッターにアップ。

 

セーフティは標準で緊急自動ブレーキ、アダプティブクルーズコントロール(追従型)。

ブラインドスポット警告システムはオプション。

 

これらは欧州仕様なので、日本ではそこから日本仕様として設定される。

ポロは日本では発売されないような廉価モデルもあり、日本では上位バージョンが発売されることが多い。

 

インテリアカラーはGTIやR-LINE含め13種類。

 

発売はヨーロッパで10月に開始。クルマの到着は2018年1月から。

 

 

http://kuluma.jp/archives/265

このスパイ画像も間違いなかったということで、これはベーシックモデルの可能性がある。

ライトにはデイライトがないので、デイライトは上位モデルかオプションとなるのかもしれない。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください