Official Movie

新しいクラウンのバランスの良さはじわじわ来ます。オフィシャルインプレMOVIE。

ワールドプレミアが行われているクラウンのインプレッションMOVIEです。

明らかにクラウンのレガシーを捨て去り、シン・クラウンとなったことを北米にアピールする2台です。

横一線のホライゾンタルラインは数年前からグローバルなトレンドですが、いい感じで採り入れてきました。

明らかに今までのトヨタ車にない風格があります。

ボンネットのクラウンのマークはフラットであまり反射しないので、ブラックアウトしているように見えます。

北米向けにはエンブレムがトヨタになるという噂もあります。

フラット化したエンブレム。

岡崎五朗氏登場です。

やはりステアリングには特に個性がありません。

正面から見た外観が「優れている」としかいいようのないバランス。

クラウンのレガシー継承について「クラウンの駆動は何なのか」だったというチーフエンジニアの皿田さん。

また、クラウンの快適性、ナチュラルさも基本構成になっているといいます。

次はカラーデザイナー宍戸氏のカラーデザインに関するインタビュー。

デザインスケッチにあったイエロー系の色は、開発期間が短かったものの、チャレンジ。

デジタルシミュレーションを多用することで、短期間で開発が可能になったということでした。

ボンネットから始まるブラックとのバイトーンも、新しいクラウンの象徴として採用されたそうです。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください