Car News 最新クルマニュース

ロータリーレンジエクステンダー搭載車種の名称はMX-30 R-EV?

ドイツメディアが具体的なロータリー復活の情報を出しました。以前から噂されていたレンジエクステンダーとしてのRE。搭載車の正式名称はどうやらMX-30 R-EVになりそうです。発売は2023年。

現在、「e-SKYACTIV」としてEVモデルがあり(現行モデルの注文は終了)、航続距離は約200km。これを倍にするのがREのレンジエクステンダーです。

ガソリンを使ってロータリーエンジンをまわし、それを発電専用とするレンジエクステンダー。

フロントにモーターを置く前輪駆動、中央にリチウムイオンバッテリー、後方に330ccの単気筒REを搭載し、タンクは9リットル。結果、航続400km/lになります。

同時に、欧州のマツダから3.3リッター直列6気筒ディーゼルのCX-60を2023年1月に出すという情報も。

さらに、3列シートのCX-80(欧州と日本に導入予定)が2023年後半に欧州で発売されるとか。

情報はあくまでここまで。これ以上のものでネットに出ているものは推測になるでしょう。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください