Official Movie

ミラノデザインウィークにアウディのブース登場 The House of Progress x Milan Design Week

ミラノ・デザインウィークが始まり、アウディは「The House of Progress」というタイトルでエキシヴィジョンを開催。e-tronを通じて、将来のモビリティの在り方、サステナブルな素材の追究、人間中心のヴィジョンなどを紹介しています。

アウディが行っているのはEV自動車の開発だけども、「在るべき姿を考える」ということで、それは生活すべてに繋がるデザインになっています。

家の室内のインテリアとクルマのインテリアの考え方をシームレスにして、クルマの空間は地球のような球体(スフィア)と捉えています。

おそらく、そこは無機質なボックスではなく、ハビタブルな空間であり、クリーンな空気とサステナブルな素材に囲まれることになります。

ガソリン時代には踏め込めなかった、環境的にシームレスなクルマへの追究が始まっています。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください