Official Movie

癌の治療を乗り越えるために、夢だったNDロードスターを手に入れる。 Mazda Owner Stories: MX-5 Miata inspires hope

マツダUSAがアップした、闘病した女性とロードスターの物語。

メラニーとその夫キートン。ジョージア州に住むメラニーは、2020年に仕事を失い、病気に。

当初はコロナを疑ったが、陰性。

症状は少しずつ悪化し、ある日呼吸が困難になり病院へ救急搬送された。

ステージ4の癌と診断され、深刻な状態に。リンパ種が多くの部位に拡がっていた。

それを最初に医師から聞いたのは当時恋人のキートン。15日ごとの化学療法による治療は彼女の体力を奪っていった。

メラニーは目標である結婚を叶えることができるのか、それが不安だった。

先の見えない闘病生活から彼女を勇気づけるために、キートンは自分が愛する旧いミアータに彼女に乗せ、山道を走った。

彼はなぜミアータが好きなのかメラニーに熱心に語った。メラニーにとってはどうしてそれほどミアータが好きなのかわからなったが、コミュニティーの仲間たちとも会い、いつのまにか自分も欲しくなっていた。

治療が終わったら、ND-RFを買おう。そのためにメラニーは節約をはじめた。

そこからはひたすら前向きに治療に向き合った。キートンも「数ヶ月先にNDがあるぞ」と鼓舞した。

そして、目標の化学療法を終え、症状は良くなり、二人は結婚した。写真にあるように、彼女の新しいNDも家族となった。

「車を見るたびに達成した、すべたが叶ったと思う。そして、山道を走りたいと思う。止まらない歓びを与えてくれるし、自由になれる」と語るメラニー。

この話をフェイスブックに投稿すると、ミアータのクラブが参加を呼びかけてくれた。

数ヶ月後の検査でも、完治が判明。ND-RFとともに強さを持ったメラニーは、これからも戦えるはずだ。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください