バイク! Motorcycle

New 2022 CB300R Neo Sports Café 欧州版もついに出る! 日本の2022年型CB250Rが見えてきた。

ホンダのCBネオシリーズに300Rが登場(インド)したが、ついに欧州でも2022バージョンの発売が決定。映像が先ほど公開された。

気になる「SFF-BPやIMU付きABS」はしっかり装備。これは、300や日本の250には装備されていないが、125に装備されてしまったというもの。ということは2022年版250にも搭載されるはず。

300の排気量は286ccで最高出力31ps、最大トルク2.8kg-m。それ以外は基本的に日本の250と同じだが、今回はシートの素材を刷新して、ダッシュボードに段数表示され、ユーロ5に適合。

もし日本で発売されれば、GB350を検討していた人にとっても、迷いの一台となるのは間違いない。

CB400Rというのもスーフォアが販売終了となった今、可能性はあるものの、GB350という排気量が受け入れられてしまった以上、難しいかもしれない。

ところで今回の映像に出てくる車輌は、オールブラックで精悍さが極まりない…。

色はその真っ黒なマットガンパウダーブラックメタリックに、キャンディクロモスフィアレット。さらに新色として、パールダスクイエローとマットパールアジャイルブルーだ。

お馴染みのアシストスリッパークラッチもついに搭載
SHOWA41mmSFF-BP




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください