Car Talk

カクタスM ボートのような水洗いできるクルマ。

シトロエンのツイッターが今日出したカクタスMの画像。

2015年に発表されたコンセプトであるカクタスMだが、まだ市販はされていない。

それでも情報を出すということは、評判によってはまだ市販の可能性もあるのかもしれない。

 

基となったコンセプトはCitroen Mehariだが、この車もカクタスMも、足下が濡れてもいいという部分が本当にいい。

私自身も昔サーフィンにバンで行っていて、とにかく足元は汚れた。きれいなクルマはとても使えない。

濡れたままで乗りたいから、そのバンのシートはビニール系で非常に良かった。(エクストレイルもシートは撥水加工)

カクタスMは屋根がない。

雨が降ったら濡れるし、サーフィンをやっていれば砂も海水も入ってくる。(もちろんきれいに体とボードを水洗いして着替えてから乗るのが普通)

それでもいいと思えるクルマは、サーファーには本当はありがたい。

室内もホースでばしゃばしゃ洗えるくらいがいいのだ。

1968年から1988年まで製造されたメアリは、まさに錆びないボディで室内も丸洗いできた。

ジープの人気もそこにある。

海に行ったって山で遊んだって、水で流してしまえばいいのだ。

 

可能であれば、上の写真にはモニタがあるが、そういったところまで水をかけて洗いたい。

一応、それはできるらしい。

シートも防水・耐塩で、水は上手に床下へ抜けていくのだ。他のやわらかい部分はウェットスーツと同じ素材を使っている。

機械類の防水化はわからないが、もし市販されるならやるしかない。

 

カクタスMはまるでボート。床は同色だからそんなふうに感じる。

ボートは室内が濡れたっていい。

 

本国フランスのオフィシャルページ

http://www.citroen.fr/univers-citroen/concept-cars/cactus-m.html




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください