Official Movie

匠の塗り技をロボットで再現するマツダの塗装法とは? MAZDA -MASS CRAFTSMANSHIP- 匠の手によるモノづくり

クレイモデルの美術展を開くべき…。

動画ではクラフトマンシップとしての車作りを紹介している。

金型を磨く砥石は、1万2000個の試作品から選び抜かれたものを使用。

塗装では、起伏のあるボディに均一に塗るため、一台一台、手作業の必要がある。

その匠の動きをコンピュータで分析し、

再現しているという…!

これは凄い。

エンジンを作る金型は、一台一台壊してリユースする砂型鋳造。

普通は金型と砂型の両方を使うが、砂型のみはマツダのAPMCと呼ばれるオンリーワン工法だという。

マツダオーナーにとっては、時間があるときにぜひ観て欲しい。

自分の車がこれだけ繊細な工程を経ていることを知ると、より愛着が増すのは間違いない。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください