バイク! Motorcycle

Z650RS登場。Kawasakiヨーロッパの対談翻訳付き。

他社ブランドと比べて優位性を保てるのがこのシェル・シェイプドメーター。

この形はクラシックファンにはたまらない。

当然ながらLEDヘッドライト。ターンシグナルもLED。

スポーク・スタイル・キャスト・ホイール。

EUとアジア圏にはローシートのアクセサリーも。

グラブバー。

シート下のUSBソケットのアクセサリー。

ブラッシュト・アルミニウム・インジケーター・カバー。

バルセロナからお届けするZ650RSのオフィシャル・アンヴィーリング・ムービー。

左の男性がKawasaki EuropeのMartin Lambert。左が同じくKawasaki EuropeのEleanor Van Winsen。

L「この新しいバイクのどこがいい?」

W「スタイリングよね。クラシックだけじゃなく、モダン。フュエルタンクのシェイプを見て。シートやテイルランプに向けて流れるようなライン」

L「Zed(ゼッド)はすごいブランドだよ。クラシックを感じさせるもので溢れている。過去から来ているものと、コンテンポラリーなものが融合して、タイムレスなデザインを生み、レトロスタイルがモダンな進化と出会ったもの。だからこれを、レトロボリューションと呼んでいるんだ」

W「エギゾーストの形も見て。トラディショナルなブレーキディスクのクリーンなラインも。ほんとに細かく、よく考えられているのがわかる。またがってみると、シートとフットペダルは本当にいいポジション。ハンドルバーにも自然に届く。背が高い人にはとてもいいと思う。オプションのローシートもある」

L「そこは重要だね。ヨーロッパではA2カテゴリーのライセンスホルダーに向けて作られているから。私のような人には650ccの水冷並列ツインは凄く親しみがあって、Z650やNinja650で同じみだね。街乗りもカントリーサイドもお手の物。(略)またがると自分がマシンの一部になったように感じるよ」

W「1972年のZ1スーパー4がアイコンね。1976年のZ650b1も」

という感じで二人のやりとり。Zの読み方はこの人たちがイギリス系なので「ゼット」。

情報ではA2に合わせるための35kwパワーダウンキットがあるとかないとか。

燃費は22km/Lほどで12リッタータンクなので、航続は260km程度と相変わらず便利さはない。(CB400sfは18L×30km/Lくらいで540km。CB650Rの15リッタータンクでおよそ470くらい)

旧Z650のオマージュは随所に見られ、ダックテール、サイドパネルなども忠実。

色は下の映像にも出てくるシルバーグレーにオレンジのタイプと、ブラックがある。

プロモーションV。

セリフなしのグローバルな作り。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください