バイク! Motorcycle

CB350のライバル、新Classic 350 ついに発表。本命はレディッチシリーズか?

クラシックなのに最新型。クルマ業界では出来ないことをモーターサイクル業界では出来てしまう。

たとえばポルシェが同じ哲学で進化していくのとは違う、本気のタイムレスクラシック。それがロイヤルエンフィールドの哲学だが、うち、350ccは価格的にも人気のあるモデルのひとつ。

今回、「リボーン」というテーマのもと、新設計で生まれ変わった。

エンジン、フレームは昔の良さを残しつつ、新設計に。

5つのシリーズのうち、クローム・シリーズはまさにクラシック。でも、今の時代が求めているのは、次に紹介するレディッチシリーズかもしれない。

まず、クラシック・レディッチ・シリーズ。まさにCB350(日本ではホンダGB350)のライバル。価格はシリーズ中最安で18万ルピーから。

ハルシオン・シリーズ

シグナル・シリーズ

ダーク・シリーズ

クローム・シリーズ

レディッチのタンク色はセージ・グリーン、グレイ、クロームはレッド、ブロンズ、グレイ、他はダーク・ステルス・ブラック、ハルシオン・ブラックといった具合で分かれていく。

スペックは

総排気量 349cc
エンジン形式 空油冷4ストOHC単気筒
車両重量 195kg

デュアルチャンネルABSが、レディッチだけシングルになる。また、レディッチは価格が安い分、リアはディスクブレーキがドラムになってしまう。

ハンドルバーの下にはUSBが標準装備。タンクは13リッター。

セージ・グリーン

レディッチ・グレイ
ダークシリーズ ダーク・ステルス・ブラック



  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください