Car News 最新クルマニュース

メルセデスNew Cクラスは金網?グリルに!

メルセデスベンツCクラスがワールドプレミアされ、すべてがアップグレードされた様子を確認できます。トレイラーだけでも十分にわかりますが、他モデルとの一番の差は、グリルメッシュのデザイン。

金網の継ぎ目が一部シルバーになっているというデザイン。高級感あります。

光の加減でたくさんのスリー・ポインテッド・スターが配置されているように見えるという仕組みです。

これはAVANTGARDEというグレードの仕様で、他は光が当たらなければ暗く沈む感じに見えます。

グレードによっては、ホライゾンのラインはクローム処理。

ワールドプレミアで最初に登場したのはワゴン。

30リッターという荷室は魅力的。

セダンも含めてインテリアはSクラスに近いアイディアが注ぎ込まれています。

空調をデザインのキーにするのは今回も続いていて、航空機をイメージ。ダッシュボードも翼をモチーフにしているらしいです。

アウトルックの機能としても、デジタルライトの機能が導入されました。

また、走りはよりスポーティアーになりながら、スタビリティを増すという課題にチャレンジし続けていて、オーナーとしては楽しみなところです。

パワートレインはすべてよりエフィシェンシー化され、ガソリンとディーゼルのプラグインハイブリッドなどが用意される予定。「ISG」は第二世代。スタート時に電気によるアシストが行われ、最大20hpがプラスされます。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください