Car Talk

メルセデス・ベンツ ピザ・プロコトル & 2020GLS もう一つの美しい別荘

ピザを持ち帰りで注文。助手席に置く。

「ハイメルセデス」

ベンツに話しかけたのはピザ。

すると、ピザ・プロコトルが発動する。

音楽はイタリア系。アンビエントライトはイタリアンカラー。

そして、シートヒーターオン。

こちらは2020GLS。

SUVフラッグシップとしてマキシマム・コンフォートを追究したアップデートバージョンだ。

まるで「もう一つの家もしくは別荘」のようなGLS。

仕事をする自分、家族の中の自分が佇むべき場所としてのもう一つの部屋。

7人乗りでベージュで統一された室内。舞台はマイアミ。

ナビや音楽といった装備の使い方を説明したあとは、室内に家族が乗り込む。

リアシートの真ん中部分を下げて、ドリンクホルダーを使うのかと思いきや、そこにはタッチモニターが。

「iPhoneを繋げてパンドラで音楽を聴く」という紹介をしているが、これは日本ではなかなか普及していない。

高度なサスペンション技術で、そんな路面状況でもスムースネスを実現していることもアピール。

技術、インテリアともに最高クラスのGLS(日本で発売中のものは旧型インテリア)だが、一つ気になるのが黒色ハンドル。

紹介しているトリムはベージュ内装だが、インパネとハンドルは従来の常識に囚われた黒。

やっぱりどこかで、「車っぽさ」が開発陣には抜けきらないのだ。

S Classはホワイトとウッドの組み合わせで少々お堅い。