Car Talk

アウディA7、今回もやっぱり気になる日本とアメリカでの価格差。

アウディUSAが7日に公開したアウディA7のオーバービュー。

アメリカではA7プレミアム、プレミアムプラス、プレステージと高くなっていく。

名前にスポーツバック(クーペ風セダンのアウディ独自の名称)とは付かない。

日本ではフルモデルチェンジのA7スポーツバックが9月6日に発売された。

霧のかかった草原に一本の並木道。そこにブラックアウトしたA7のライトがぐるぐる動いている。

 

プレミアムは6万8000ドル(約773万円)から。どのトリムもエンジンは3.0TFSI クアトロSトロニック。

ナビ、サンルーフ、LEDヘッドライツが付き、プラス(72,400ドル)ではヴィジュアル・コックピットにHDマトリックスデザインLEDヘッドライツ、LEDテイルライツ(ダイナミックインディケイターアニメーション)、バング&オルフセンなどが追加。

プレステージ(76,300ドル、日本円で約867万円)ではヘッドアップディスプレイ、アウディレーザーライト、オートマティッククライメイトコントロールなど。

 

日本では988万円(デビュー特別価格)からで、今回のA7を際立たせるHDマトリクスLEDヘッドライトは、アウディレーザーライトとのパッケージで52万円の追加となる。

ステアリングは電動チルト・テレスコがなんとオプションで16万円。

バング&オルフセンは18万円。

もう麻痺してなんでも付けてしまいそうだが、日本より安いアメリカのオプションも凄い。

プレステージでも、リアのサイド・エアバッグがオプションで350ドル(約4万円)。バング&オルフセンは4900ドルの追加となる。

だとしても日本との価格差は大きい。

イギリスでは日本円で約700万円(スポーツ)から始まり、日本のようなS lineは743万円から始まる。

スポーツは19インチアルミニウムホイールで、ヴィジュアルコックピット、パーキングシステムプラス、リアビューカメラ。

S lineは20インチ、HDマトリクスLEDヘッドライト、ダイナミックリアインディケイター。

日本の場合は外観がS lineパッケージが標準になっているので、これにHDマトリクス等を付けたものと、アメリカのプレミアムプラス、イギリスのS lineがだいたい同等な装備となる。

さらに、イギリスはエンジンの種類もあるので、日本と同じものにあわせて、レーザーライトを付けたりしていくと、58,690ポンドで約876万円となる。

 

つまりアメリカとイギリスではいろいろ頑張っても、日本の最低価格にも行かない。

きっと何か事情があるのだと思う。中国ではアウディはもっと高くなって売られるらしいけど…。

理由のない価格の上乗せなんて、あるわけがない。