Car Talk

世界中で呟いているカーメイカーたち。そしてマシーングレーの凄み。

自動車メイカーはツイッターを通じてイメージを発進し続けている。

まず、マツダは国内向けにCX-8のデイキャンプイメージ。

北米トヨタはタコマか何かにテント。焚き火がよく見るとワイルド。

人生の1シーン、週末の1シーンを見せることで「人生を変えたい」という願いをもたらすイメージたちだ。

 

こちらはテレビ番組トップギアのツイートで紹介された山の上のどこかで撮影されたMX-5。

赤い幌のボンネットには空の反射が美しく、側面にRFも砂利の地面を反射している。

特にマシングレーと呼ばれる灰色は鏡のような状態になっているのがわかる。

こちらもトップギアで、日本では発売されていないARKANAが森の中で輝いている。

どちらも車の良さを自然な環境で表したもの。

 

フォルクスワーゲンは街中に佇むポロの横顔。

素敵な街角に佇むとどう映えるのかを問うもの。

こちらは9月1日開催のウォルフスブルグのイベントで公開されたコンセプトGTI TCR。

こういう単なる発表も多い。

 

カーメイカー発信ではなかったけれど、MX-5マシーングレーの鏡的な表現は凄かった…。