Car Talk

落ち着いたBMWカブリオレに乗りたいと思ったら、新型Z4はどうなんだろう。

意欲的なサメ顔からだいぶ落ち着いて量販版がデビューしたBMW Z4。

しっかりと大人の落ち着きを身につけたが、ロウアーグリルのあたりが最近のBMWの特長ではあるけれども、ややうるさい。

ロードスターなどを見慣れていると、どこか子どもっぽい。

最近のF1は空力の追究で各所に落ち着きがないが、そんな感じだ。

それでも最新は最新。走りもいいだろうし、きっとみんな欲しくなる…。

 

フランスのBMWがツィートした画像。デザインでは兄弟分の8クーペ。

撮り方もあれど、やはりいい。目の角度、縦線グリルといろいろ違うけれど、なにかいい。

落ち着いた感じも本当に素敵だ。

ロウアーグリルに関してはいつも通りいろんな形があるので、このモデルが何に相当するかわからないが、もっと攻撃的なMがあるはず。

 

同時に、BMWがツイッターで紹介したロードスター507。

エレガント、シンプリシティ、とんでもない域に到達している。

グリルもキドニーがあるだけ。

Z4の方向性がこのクラシックにないことは確かだ。