このクルマについて話そう。

ランボルギーニ・ウルス ファーストルック動画到着。

ウルスに乗って最初に感じるのは、「スペシャルネス」だという。

動画で最初の方に登場するゲレンデのようなSUVは30年以上前にランボルギーニが開発したLM002。

1970年から1981年まで300台が生産されたこのSUVは、本革シートにカーペットというインテリアの高級車で、Lambo Ramboという愛称で呼ばれていた。

軍事目的で最初は製造されたため、砂漠でも雪でもなんなく走り抜けることができた。

 

インテリアはまるで映画館のようで、クオリティ高く、スペシャルネスがある。

フォルクスワーゲン・アウディグループとして共通する形もあるけれども、素晴らしいというのがレビュアーの意見。

また、LM002の影響かデザートでの走りにも手を抜いていない。

そこはアルファロメオとは大きく違うところだ。

 

プラットフォームはMQBなので、ポルシェカイエン、ベンテイガ、アウディQ7と同じ。

 

走行動画はなく、最後にエンジン音。

荒々しい。

 

ということで、茶色のレザーシートはランボルギーニらしく角ばっていて、個性がありすぎで価値あり。

センターコンソール付近の物理的スイッチ類もらしくていい。

 

こちらはゆっくりバックで出てくる動画。

そして切り返しでエンジン音。黄色のキャリパーがいい。

こちらは赤で、もっとエンジン音が聴ける走行動画。

間違いなく異質感があります。