このクルマについて話そう。

オーストラリア XV(Crosstrek)プロモーション映像。デザートカーキがなくなったXVのかわりには新シビック。


英語圏のディーラー、ショウルームで公開されるプロモーションビデオで、タイトルのようにレビューではない。

また、音声が大きくなったり、フェイドアウトしたりする。

最初は衝突回避やレーンキープアシストなどの機能紹介。

1分ごろから海岸を走るXVの姿。

話しているのはラリーチャンピオンのオーストラリア人モリー・テイラー。

オーストラリアにおけるXVつまりCrosstrekの立ち位置はどこなのか。

4WDのみで、大きさはコンパクトSUVよりも余裕があり、色はソリッドカラー中心。

オーストラリアでは実用的なオフロードの能力が問われそうだが、それもクリアした上で、都会人のキャンプ欲も満たすカラー。

なぜかインテリアだけ古くさいが、外観的には今の時代を色濃く反映している。

だけども、オーストラリアに佇むXVの姿をみても、いまいちしっくり来ない感覚がある。

なぜだろうか。

 

わからない。これは、フルモデルチェンジをしてからずっともやもや感じていたもので、チェンジ前の魅力を個人的には失ってしまっている。機能面はアップしたものの、今までの角張った唯一無二感が消えてしまったからか。

そこは新型シビックに譲ってしまったのか。

このカーキ色ソニックグレーパール(http://automobiles.honda.com/civic-hatchback/#exterior)は日本で発売されないかもしれないが、新型にはとにかく似合っている。

新型XVではクールグレーカーキに近い色だが、XVのは少し明るい。

グレーというほどグレーではない。

カーキといえば、チェンジ前のデザートカーキがなくなってしまった。

この日本的というか、ガンダム的なフォルムにはこういう色が似合う。

明るい色は軽すぎるのだ。

 

モデルチェンジ前のカクカクカーキのXVはなくなってしまった。

あとは北米版シビックハッチバックのソニックグレーパールが残るのみ。

このサイドリアビューは本当に美しい。