このクルマについて話そう。

日本ではもうおそらく発売されない地中海ヨット型のクルマ。

フィアットのRivaは登場してしばらく経つけれども、日本で発売はもうないとほぼ確定なだけに、憧れは募る一方。

紹介映像もほぼ出尽くしてきたので、改めていくつか紹介したい。

美女がディーラー内でRivaをただ紹介する映像。次は海の映像とともにイメージングする映像。

次に走行動画で海の近くを走るRiva。

Rivaの特長はまず海を想像させるディープブルー。そしてクロームメッキを随所に盛り込み、青の幌のカブリオ。

中には木目調インパネと白レザーでヨット感。

もうとにかく地中海イメージ満載なのだ。

こんな車でアドリア海沿いを永遠に走っていたい。

 

Riva社が作ったヨット映像はこれ。

木目調のフードに白い椅子と、やっぱりセンスがいい。

ちなみにアストンマーチンもヨット、ボートを作っている。

これは同社初のパワーボートAM37で、オランダのヨットブランドとの共同開発。

スポーツカーの世界での哲学をマリンの世界へ反映させたものだ。

最後に、Rivaのインテリアを美しく。