Official Movie

2022ハーレーダビッドソン 新ナイトスター(Nightster)登場。 これがハーレースポーツスターのネクスト・チャプター。

ウィスコンシン州、Wauwatosaから始まる映像。

ここはハーレーダビッドソン、プロダクト・デベロップメントセンター(製造開発センター)。

歩いているのはデザインディレクターのベン・マッギンレーとリード・スタイリングのアシュレイ・ニーマン。

つい先ほど発表された2022ナイトスターの製造過程をのぞき見です。(4月13日午前0時(12日深夜24時))

奥の奥の大きなドアを開けると、ガチンコ。

途中で加わったケイル・ウィックはチーフ・エンジニア。

まずはエンジンを取り囲みます。当然ながらそのエンジンはレボリューション・マックス。

「今回はまたエンジンの見直しを行ったよ。975cc、可変バルブ、ダウンドラフト・エア・インテーク・システム。これは本当に素晴らしい技術で、トルクやパワーを与えてくれる」

アシュレイ・ニーマン

アシュレイ「このバイクに必要ないものは何もない。このバイクのソウルは生(raw)で反抗、gritty(気骨ある)。そして、興味深いビジュアルが飽きさせない」

ベン・マッギンレー

ベン「このマックスのコンビネーションが素晴らしい。トルクやテクノロジー、パフォーマンス、これらを同時にまとめるクラフトマンシップもね」

ケイル「ナイススターは485パウンド(220キロ)。この軽さは、スタンドをキックするとすぐ分かる。走り出しても感じるはずだ。まるでロケットシップだよ」

少しずつ組み立てられていくナイトスター。

ベン「このバイクを造るにあたっての問題である燃料やエアのコンビネーションはどう解決したのかというと、シートの下にフュエルタンクを設置したことだね。従来のタンク部分はエアインテークになっている」

「おかげで重心が低くなって、操縦性が増している。モードは今回も3種類だけど、スポーツは本当に速い。それに、9000回転以上で走れるよ」

映像はなんと27分。(タイトルは『Instrument of Expression(自己表現の手段)』)

ハーレーの映像へのこだわりは凄いです。

各地のカスタムビルダーの話が続きますが、TOKYO, JAPANも18分から登場。

川崎市のヒデ・モーターサイクルでした。きっとアメリカ人はハイドと読んでいることでしょう。

ちなみに、今回のナイトスターのタンク部分、エアボックスカバーはスポーツスタークラシックモデルを継承。シャーシはスポーツスターからモデリングされている。

エンジンは975ccレボリューションマックス975T(スポーツスターSは1252cc)。リキッド・クールド、液冷です(日本のオフィシャルには水冷と表記)。89馬力。リアはツインショック、価格は188万7000円から(アメリカ13499$)。カラーはビビッド・ブラック、ガンシップ・グレイ、レッドラインレッド。

シートを空けると燃料口が。

最近、公道ではスポーツスターSをちらほらみかけるようになりましたが、購入検討中の人はこれから迷うことになりそうです。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください