バイク! Motorcycle

トライアンフ限定モデル ストリートツインEC1 名前の由来はカスタムカルチャー発信源の郵便番号から。

ロンドンのイーストエンドにあるバイクカルチャーの発信源EC1をイメージしたストリートツインの限定モデル。

近年のモダンクラシックやカスタムカルチャーのオマージュとして誕生したもので、マットアルミニウムシルバー、マットシルバーアイスの2トーンタンクが特長。

実は境目にシルバーのコーチラインが入っています。

サイドパネルもマットシルバーアイスで、専用のグラフィックロゴ入り。

前後のマットガードもマットアルミニウムシルバー塗装。他はカスタム車のようにブラック塗装されているのがかっこいい。

EC1という名前は、郵便番号から。カスタムシーンが盛り上がりをみせるイーストエンドの通りの郵便番号だとか。

価格は消費税込みで119万5000円。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください