Official Movie

【BMW】京都の奥座敷・嵯峨越畑に馴染むBMWとは?

京都の奥座敷・嵯峨越畑で染色家として活動している冨田潤さんが登場。

セリフや説明は一切なく、BMWが嵯峨越畑(こしはた)を往く。

越畑は右京区北西部の愛宕山麓にあり、棚田が有名。近辺には9世紀から人が住み、平安時代には愛宕信仰で賑わった。越畑は愛宕信仰の交通の便のために開拓された場所。

愛宕山の腰の位置にあることから、腰畑と呼ばれ、貴族の末臣が移り住んだ。

春には山桜、山つつじ、夏にはオミナエシ、ホオヅキ。棚田にはぶどうやりんごが植えられている。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください