クルマの雑談。

ゴルフ8とアウディA3のステアリングに見るデザイン思考の差

ゴルフ8とアウディA3は同じ駆体で外見を変えているわけだけども、ゴルフの人にとってはアウディA3の要素があるのはよし、でもアウディA3の人はゴルフと似ていてほしいわけがない。

でも、同じプラットフォームであり、いろいろ機能面でも同じなので、違いをつけるのは難しい。

そこで、ゴルフはよりカジュアルにデザイン方向をふっている。

もともとアウディもラグジュアリーというよりはカジュアルでシンプルだったので、差をつけるのは難しいけれども、少し大人の落ち着きがある。

可能であればステアリングに大きなデザインの差をつけてほしかったけれども、VWやアウディだけでなく、ステアリングのデザインは各社似たようなものになってしまう。

VWは前世代で全車種に同じデザインのステアリング(GTIをのぞく)を貫いていたので、今回のステアリングもVWの個性となるはずで、ハイテックという思考に合わせて、最新感がある。

一方、アウディはこれといって最新感のないもの。でも大人にはこれくらいがいいのかもしれない。

スポーツバックでいうと、先代のステアリングの中心部分は円だったのに対し、台形型になった。

ゴルフ8とA3のステアリングは似ているけれど、テイストに差があるという感じか。ただ、A3のステアリングがクールかといえば、否としか答えようがない。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください