Official Movie

「それは私たちを繋ぐもの」分断されたアメリカを繋ぐ象徴ジープ

ジープから硬派な『The Middle』という映像が公開されました。

ブルース・スプリングスティーンが登場します。

オフィシャルのメッセージは以下の通りです。

Jeep® kicks off Game Day by reminding us we are stronger than the obstacles in our way, and invites us to remember all the ways we are connected as Americans. A timeless CJ-5 takes us on a journey to the U.S. Center Chapel in Kansas in search of common ground. We have spanned deserts and climbed the highest peaks. We can cross this divide.


Jeepはゲームデイをスタートします。ジープは私たちが困難や障害よりも強いことを思い出させてくれます。アメリカ人として、誰もが繋がっていることを思い出させてくれます。時代を超越したCJ-5は、そういった共通点を求めてカンザス州のセンターチャペルへの旅へと連れて行ってくれます。私たちは砂漠をこえ、最高峰を登りました。私たちは、この分断を越えることができます。

アメリカがもう一度一つになるための象徴として、ジープがあるということです。以下、ナレーションより。


カンザスにとある教会がある

それは、大陸48州の正確にアメリカの真ん中に

決して近くはない

誰もが歓迎されるだろう

ここに、「真ん中」で、会いに来る誰かを

秘密はなしだ

中部はずっと、ハードな場所だった

赤と青のはざまで、市民とサーバント(使用人)のはざまで

自由と恐怖のはざまで

今、恐怖によっては、私たちがより良い人間にはなり得ないとわかった

自由とは、それは少数の幸運な人のための所有物ではない。みんなのものだ

誰であろうとも、どこから来ようとも

それは私たちを繋ぐものだ

そして、その繋がりが私たちは必要なのだ

その「中間」が必要なのだ

私たちはただ、立っているまさにその土が、私たちの地面だと思い出さなければならない。だから、そこにたどり着ける

私たちは砂漠をこえた山の頂上でもそれをできる

そして、分断をこえることができる

私たちの光はいつも暗闇からその道を見つけてくれた

そして路には希望がある

その上に

※画面には To the ReUnited States of America (再団結を ステイツオブアメリカ)


登場する教会は48州の真ん中にあるカンザス州にあります。カンザス州自体が「アメリカのおへそ ハート・オブ・アメリカ」ともいわれています。

途中に出てくる山は有名なデビルズタワーに見えなくもないです。

カンザスは乾燥していて砂漠が多いですが、小麦もよく取れます。

スプリングスティーンもジープも、たしかにアメリカの象徴。

国には「ひとつだ」と思わせてくれる何かが必要かもしれないと思えば、超がつく多民族国家は、象徴を片手に、分断を防ぎ続けなければいけないのかもしれません。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください