Official Movie

NEW MINIオフィシャル動画公開。ボタンもデザインもさらにミニマイズ。

ずばり、The New MINIというタイトルでオフィシャル動画がアップされました。

「MINIファンのみなさま。去年、すべての人々にチャレンジングな年でした。

2020年は私たちのブランドのはじまりを思い出させてくれました。1959年、今から60年以上も前のことです。

MINIは危機をチャンスに変えました。この12ヶ月、MINIはフル電動のMINIを発表し、1年未満で2倍のセールスを達成しました。今では全体の15パーセントがハイブリッドとフルEVです。

私たちはMINI John Cooper Works GPも発表しました。熱狂的なファンがいるこのクルマは、継続的に讃えられています。そして、カントリーマンもリフレッシュしました。

mini john cooper works GP
MINI John Cooper Works GP

今後もプレミアムコンパクトセグメントとEVの拡大を目指し、モデルポートフォリオの調整を続けます。

また、中国の向上を通じて市場のポジションを強めます。そして、ホームであるオックスフォードの生産を安定化させます。

今日は新しいMINIを紹介するのに、デザインヘッドのオリバーに話を引き継いでもらいます」

「こんにちわ。オリバー・ヘルマーです。

今日は完全にメイクオーバーしたMINIを紹介します。

個人的なハイライトは、『マルチトーン・ルーフ』です。

マルチトーンルーフ
マルチトーンルーフ

ダーク・ブルーから明るいブルー、そしてブラックへと、なにかアイコニックで、アウトスタンディングなイメージです。フロントはパーツの量を減らしました。

できるだけクリーンにして、ヘキサゴングリルを強調しました。少し大きくなっています。

少し大きくなったヘキサゴングリル
少し大きくなったヘキサゴングリル

グリルの中のスペースを使い、ボディカラーを引き込みました。これによって、より価値があり、モダニティーを感じさせます。

ロウアーグリルのエアインテークにはピアノブラックを施し、空力構造によって風はタイヤの前をすり抜けていきます。

ホイールはクラシカルな7スポーク。このミルの表面はグロスシルバー。ブラックとのコントラストが美しいです。

リアもできるだけ減らしました。

ロウアーエリアのバンパーはスポーティで、ここにもボディカラーを入れています。

また、ダブルエギゾーストパイプを強調しています。

miniインテリア
新しくなったMINIのインテリア

こちらは典型的なMINIのインテリアです。

とても細かいところがリファインされているのがわかりますか?

センターアイコンのボタンやスイッチは減らしました。なので、ひとつのフラットなサーフェスになっています。

インターフェイスはもっともお気に入りの風景です。これはMINIのデジタルアプローチとして次のステップをあらわしています。

運転に集中するために、ステアリングに注意が向くようにしています。

これらがNew MINIのハイライトです」

というわけで、気になるのはやはりインテリアとインターフェイス。

センターに鎮座するサークルはフラットになり、8.8インチのディスプレイと、レーザーエングレイブドLEDリングなるものが囲っています。

この色がモードによって赤になったりして、雰囲気を盛り上げてくれます。

ステアリングはヒート機能も付き、冬場も安心。

おそらくMINIユーザーなら、このインターフェイスの変更だけでも買い替え欲を促されるはずです…!




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください