バイク! Motorcycle

新型トライアンフ・スピード・トリプル1200RSがグローバル・デジタルプレミアで登場。

現地時間の26日12pm(GMT、16時間前)、トライアンフのSpeed Triple 1200 RSがグローバル・リヴィールとなりました。日本では26日から予約注文可能です。

司会のマット・ロバーツさん

新エンジンについて、チーフプロダクトオフィサー、スティーブ・サージェントさんが登場。

「最高出力、最大トルク、加速性能も歴代最高になるように1160cc3気筒エンジンをゼロから設計した。最高出力は30PS向上して10750rpmで180PS。レブリミットは11150rpm。

トルクは8Nm向上して9000rpmで125Nmを発生する。

軽量化、低慣性化でレスポンスも向上させている。

また、3気筒の咆哮にはより一層磨きをかけた」

次にMoto2レーサーのジェイク・ティクソンさんが登場。

「他の3気筒と比べても凄いです。パワー伝達はMoto2マシンに近い」

チーフ・エンジニアのスチュアート・ウッドは「ライディングに革命を起こすべく、歴代最高の敏捷性とレスポンスを実現しました。歴代最軽量となり、10キロ軽い198キロに。乗車姿勢はアップライトに、ハンドルバーは13ミリ幅がひろがった」と語っています。

すべての次元でレベルアップし、究極のネイキッドスポーツとして君臨するスピードトリプルですが、1994年からスタートし、少しずつ改良を遂げてきた人気モデル。今回で排気量は1050ccから1160ccに。パワーウェイトレシオは1.1kg/PSになりました。

フロントフォークはφ43mmの「NIX30」倒立。ブレーキキャリパーはブレンボの新型モノブロック。

ライディングモードは「レイン」「ロード」「スポーツ」「トラック」「ライダー」の5パターンが用意されています。

クイックシフターはアップダウン両方。クルーズコントロールも追加されました。

大型としてはもう当然ながら、6軸IMU搭載です。これによって加速度や車体姿勢がわかるので、トラクションコントロールやコーナリングABSといった機能に繋がっていきます。

カラーは2色で、サファイアブラックとマットシルバーアイス。199万9000円からです。

トライアンフの本[雑誌] エイムック


  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください