Official Movie

BMW 760LiとiXが会話。「お前の名前はたまごっちがお似合いだ!」

BMWのクルマたちが、誰も居なくなったショウルームで話し出すというストーリー。

760Liが最新の電気自動車iXに向かって「このプラットフォームだけが許されているんだよ。おもちゃは駄目だ!」とおじいさん声で言う。

するとiXが女性の声で、「ハイ! おじいちゃん!」と返事して、

「まだガソリンの匂いかいでるの?」と嫌味。

760Li「あっちいけ! ここはリアルカーのルームだぞ」

iX「どうやってリアルかどうかわかるの?」

760Li「それは…」

iX「はい時間切れ」

760Li「エクスキューズミー!」

iX「もちろんわかってないわよね。あなたの世代では会話が不可能なの。私となら、誰でも話せる。名前だってつけられるのよ」

760Li「たまごっち はどうだ?」

iX「悲しいのでしょう。だって私はiDriveを発明したのよ」

760Li「俺が開発したんだ。たくさんの機能がこのひとつのボタンに集約している。俺は生ける伝説なんだ!」

iX「でもね、私は完全に新しいiDriveなの。かしこくて、よりよくて、インテリジェントフュージョンオブセンシング…」

760Li「あほくさ」

iX「エモーショナルコネクショントゥーザピーポー…」

760Li「あほくさ」

iX「イマーシヴ・エクスピリエンス…」

760Li「マーケティング…あほくさ」

iX「なんですって?」

760Li「何について話してるかわかってるよ」

iX「私はインテリジェント・パーソナル・アシスタントよ。意味わかる?」

760Li「インテリジェント?」

iX「私は声に反応し、ジェスチャーや映像に反応するの。それで、あたなは?」

760Li「俺は、とても速く走れる」

iX「私は自然で感情的なインタラクションを提供できる。特長的で、魅力的なヴィジュアルのね。個人的で効率的な私。あなた? 未来は、リサイクルね」

760Li「理解できない」

iX「聴く耳を持たないだけ」

760Li「12気筒だぞ」

iX「気づきがないのよね」

760Li「CDは6枚入るんだぞ」

iX「ディスプレイはカーブしてる」

760Li「TV機能」

iX「キュレーテッド・ドライバー・エクスピリエンス(体験、経験)」

760Li「お前なんかよりずっと経験あるわ」

iX「私は何でも知ってるの! インターネットと繋がってるの!」

760Li「俺もネットあるよ…ぴぴぴ…ぐじぐじ」

760Liのライトが点滅する。

iX「OMG。死んだの?」

760Li「ほっといてくれ」

走りさる760Li。

iX「どこいくの? 戻って! そんなつもりじゃなかった。あなたは本当のクラシックよ。あなたのiDriveなしでは、私は存在さえしなかった。どれだけガソリンを味わったか話してくれないと。あなたからもっと学べると思うのよ」

760Li「俺たちはときどき、たくさんのガソリンを楽しんでたんだ。はっはっは」

iX「時々人生のこと考える。その意味は、わかる?」

760Li「知らん。はっはっは」

※760Liは2001の7シリーズ




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください