Official Movie

4つのモーターで駆動をダイレクトに自在に操り、走る楽しさを実感させるレクサスDIRECT4技術が凄い。

Electrifying Lexus – Next Generation Electrified Technology and EV Concept Preview

2019年の東京モーターショウに登場したLF-30のコンセプトカーは、「Lexus Electrified」という戦略の誕生でした。映像では「Direct4」と呼ばれる次世代の電気駆動制御技術の詳細が紹介され、次世代EVコンセプトカーの設計も垣間見れます。

インタビューに答えているのはレクサスチーフエンジニアTakashi Watanabeと、デザインゼネラルマネージャー須賀晃一氏です。

現在は4つのモーターによってクルマのダイナミクスを制御する技術を開発中で、これを「Direct4」と呼ぶとのこと。EVだけでなくハイブリッドにも応用されます。

モーターによる電気的なアクセルのことをE-AXLEと呼ぶそうです。

試乗ではまずFFの状態、次に50対50で、その違いを体感できるようになっています。

運転しているHayamaさんによると、「まったく違うクルマに乗っているよう」だそうです。

次にリア80パーセント。これはFRのようにカーブではノーズがスムースに入り、いいスリップアングルをとって、リアが押し出していくような感覚があるとのこと。走りの楽しさという意味では今後EVが主役になっていくのではないかと語られています。




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください