Car Talk

モナコが引き立てるアバルトの世界。

日本でもアバルトはよく見かけるけれど、モナコほどじゃない。

モナコにおけるアバルトのイメージというのは、他の世界のどこと比べても独特なものがあるはずだ。

「モータースポーツが好き」なはずのモナコの人々が、アバルトで暮らし、アバルトを足にして、日々この小さな車を操りたいと思うのは当然。

たぶん、新車はお金持ちの息子たちや30代くらいのビジネスマンが買って、あとは中古車が市場に溢れる。

路地裏だらけ、カーブだらけのモナコを走るための小さい車が欲しいけれど、レコードモンツァの音でサーキットのようにモナコを走りたい人々がアバルトを目指す。

日本では少し大人のセカンド・カーというイメージが強いけれど、モナコではもっとオモチャ感があるのだ。

高級車というよりは、改造もペイントもどんどんやって、個性を出した上でギャラリーの前に出る。そんな感じだ。

 

クルマ好きにも種類がある。スペック、機能にこだわり、詳しくなる人。一方で、ただ気持ちよく走りたい人。

つまり、スペックよりも雰囲気を重視する人。

そうなると、チンクエチェントでもいいじゃないかとなるのが他の国だけど、モナコだとアバルトの雰囲気が愛される。

それは、すぐ近くのトリノで生まれたアバルト社(フィアットもトリノ)と、同じ空気を感じているからかもしれない。

 

日本ではある程度の値段がするクルマだから、派手な改造はせずに大事に扱う。傷なんてもってのほか。

リセールのことも考える。

でも、モナコの人々はアバルトを「ゲタ車」として日常使いする。

暑い日には片腕を出して、バンバンとボディを叩いても問題ない。

その時計がボディに当たって小さな傷がついても。

 

 

 




  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください