Car Talk

Mercedes-AMG CLA 45 S 4MATIC+ Coupé (2020): World Premiere | Trailer

AMG CLA45S 4MATICクーペのワールドプレミアトレイラー。

新開発2.0リッターターボエンジンで、4気筒ながらパワフル。量産車向けでは4気筒で最高峰だという。

正確には1991ccの新設計ツインルクロールターボチャージャー。M139型と呼ばれる。

ツインにしているのは低いエンジン回転数にトルクを与えるため。

他にもスポーツカーとしての魅力を存分に与え、BMW Mに負けないように作られているが、同時にプレミアムカーらしく、よりプレミアム感を増している。

こういった戦略はブランド力を高めるが、売れないと高くつく。

ボルボはポールスターを用意し、フォルクスワーゲンはGTIがあるが、日本車はスポーツカーはスポーツカーとして出し、一つの車種にスポーツカーのテイストを加える方式をあまりとらなくなっている。

マツダはヨーロッパプレミアムにならって高級スポーツバージョンを用意しそうな雰囲気はあるが、現時点では毎回ファンや批評家にそこを突かれている。

かつてはホンダがその線で攻めていて、最近はシビックタイプRを復活させたが、他はスバルや日産、スズキなどの一部車種に残るのみ。

しかし、AMGのような美しくプレミアムで、大人の香りがするスポーツカーはどこにもない。