Car Talk

スパイダーマンのピーター・パーカーとアウディ。 Audi Presents: Science Fair

高校の科学フェアにやってきたスパイダーマン(ピーター・パーカー)。

友人のネッドとともに、タフなミッションをこなしにやってきた。

だが、参加者はスターウォーズのレーザーを作ってきたり、スモークを使ったり、クールなものばかり。

「みんな狂ってるよ!」(褒め言葉)

館内放送で「あと5分で審査します」

あきらめようとして「じゃあまた明日ね」と言うネッドに「ちょっと待って」とピーター。

エージェント・トーマスに電話をかけ、小さい声で「スパイダーマンです」。

彼は「とにかくすんごい電気モーターを用意してくれないかな…」と依頼する。

スパイダーマンに着替えた彼は、秘密の倉庫へ。

すると、そこにはなんとアウディe-tronが。

先生が少しずつネッドに近づいてくる。

「あなたのプロジェクトについて話して」

「ピーターと僕は必死にこれを作りました…」

言葉に詰まっているところにピーター登場。「全部のサンプルを紹介しないの?」

「イエス!」と叫んだネッドは、「これが最初の自作モーターで…10キロワットのパワーを生みます」。

先生を車に乗せて、「この車に載っているモーターは、自分たちが作ったのとほとんど同じです。ステアリングと、最先端のタッチスクリーンと…シートヒーターに使われています」「期待値をはるかに超えてます」

なんとかタフエストなミッションを乗り越え、2位を獲得した二人であった。

ネッド「なんで2位なの?」

ピーター「1位はポテト発電だから仕方ない」

ネッド「たしかに」