Car Talk

ある女性とポルシェ911のタイムレスな関係。


スーザン・アンドレア・アベグレンと彼女のナインオーワンワン。

4日前にポルシェオフィシャルから公開された映像だ。

スーザン・アンドレア・アベグレンは、彼女の名前のついたバラを開発した人で巨大な敷地と豪邸に住んでいて、ガレージを開けると自慢のポルシェが姿をあらわす。

ヨーロッパの山並みの近くで暮らす人々の美しいポルシェとの付き合い方だ。

 

“The 911 is timeless – it’s grown a little, but it always stays the way it is.” Susan Andreae-Abbegglen got her first Porsche, a 911 E (F series), in 1973. It was the realisation of a childhood dream. Since then she’s owned a total of ten 911s, and recalls each one with affection. Today it is the Carrera 4 GTS (Type 991) that continues the story – a story of faithfulness and fascination.

「911はタイムレスだ。少しだけ成長するが、いつもそのままであり続ける」スーザン・アンドレア・アベグレンが1973年に最初のポルシェを手にしたのは911E(Fシリーズ)だった。それは子どものころの夢の具現化で、それ以来、彼女は10台の911sを所有した。それぞれの愛情を思い出す。今日は忠実で魅力的なストーリーが続いているCarrera 4 GTS (Type 991)。