Car Talk

ハンドル握ると笑顔になる車へ 北米仕様カローラ・ハッチバックの未来。

アメリカで人気のカローラハッチバック(日本名オーリス)が新型となってNYモーターショウに登場した。

フォード・フォーカスを意識したようなスポーツ仕立てになっていて、リア下にはエギゾースト・チップがスポーツ感を漂わせているが、これは今流行のフェイク。実際はその内側に下に向けてパイプ口が開いている。

全長4370×全幅1790×全高1435mmという感じで、全高を25mm下げるのに3年ほどを部品の開発に費やしたという。

よりスポーティにという命題のもと、ルーフやボンネットを低くし、重心を先代から20mm下げようとした結果だ。

CarplayやAndroid Autoをはじめとするコネクテッドも「当たり前の時代」と宣言していて、マルチメディアシステムEntuneは北米のファンを満足させるものになっているようだ。

トレインは直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジン「ダイナミックフォース」。

低くなった車体は当然、サイドシルエットが美しくなっている。

「スポーティさ」「運転の楽しさ」を何かと形にしてきているトヨタだが、この軽量ハッチバックはまさにその象徴。

GRでなくても楽しいというのが基本になっていくに違いない。

 

フォード・フォーカスにはスポーティというイメージではもちろんまだまだだが、ハンドルを握ると何故か笑顔になる車へとカローラは舵を切ったはず。

楽しくて燃費が良くて、コスパがいいなら、トヨタ車は売れる。

今回のスポーティ使用はXSEグレードと呼ばれるもので、LEDヘッドライトとテールランプでまずクールに。

クロームリアディフューザー、18インチアルミホイールに加え、レザー&ファブリックシートに専用ステッチとスポーツ感を盛っている。

 

映画ワイスピでポール・ウォーカーに愛された「速い日本車」。スープラも復活するのだから、カローラも「速い」感じがする車へ向かっていくのだ。