Car Talk

ゴルフGTIを使った銃撃戦の映画的CM。

恐ろしいほど作り込まれたゴルフ7.5GTIのCM。

映画撮影中という設定だが、GTIの魅力を映像という動く写真で完璧に伝えている。

 

 

 

 

 

 

始まりは航空機の格納庫。GTIに乗った主人公が、麻薬取引の現場をカメラに捉える。

GTIに向かってメッセージを言うと、それが相手に送られて、カメラを掴んだ主人公がクルマの外に飛び出す。

銃を持った3人にさらに近づいて写真を撮り続けていたが、「メッセージが届いた」とGTIが読み上げてしまう。

急いでGTIに飛び乗る主人公。

そこでまず、撮影は終了。監督がオーケーを出す。

 

次の準備をしているところで、GTIのエンジンがかかる。

ブウォオオオオオン 低いうなり声。デイライトが光る。

 

実はその主人公の男はスタントマン。今のはリハーサルで、本当の主人公は監督と待機していた。

 

本当の主人公と監督が呆然としていると、スタントマンが乗ったGTIが猛スピードで発進。

スタントマンのドライバーはモードをスポーツにして、GTIの猛るエンジン音を響かせる。

とりあえず椅子に座って見守る監督。

バイクに乗った二人組(本番だと思っている?)から飛んでくる弾丸。

そこでスタントマンは110km/hのクルーズコントロールを選択。

ハンドルを離して後方に身を乗り出し、銃を放つ。

 

クルマは少しずつ左へずれていく。だが、レーンアシストがそこで作動。

ハンドルが自動操舵でストレートをキープする。

最後は急ブレーキで向きを変え、放った銃がバイクの後席にいた男にヒット。

また向きを変え走っていると、現場で作業中だった荷物カートにぶつかりそうになったところで自動ブレーキ作動。

バイクは止められずに転倒する。

なんてことだ。撮影スタッフも頭をもたげる。

 

バイクの男が立ち上がる。スタントマンの男に対して怒っていて、向かってくる。

「やばい…怒ってる」

そこでスタントマンの男は自動パーキングのボタンを押す。

バイクの男がGTIに向かって銃を放つ。GTIはバックしながら逃げていく。と思ったら自動パーキングをしているだけで、スタントマンは外に立っていて…。

 

最後は主人公の男がキーのボタンを押してGTIのドアをアンロックしようと、スタントマンとGTIに向かってボタンを押す。

しかし、アンロックの音は別の場所から聞こえた。

近くには同じ色のGTIがあり、それがアンロック。スタントマンの男のGTIは、彼のプライベートカーだった。

 

というわけで、5回観ても飽きない秀逸GTICMでした。